仮想化基盤でできるようになること

ニュータニックスとは、例えばサーバなどコンピュータを動かすための環境を仮想上で動かすための基盤のことで、1台の物理サーバ上にCPUやメモリなどを仮想化サーバ上で分割して使用することができます。言い換えると、物理サーバ上のリソースが許す範囲であれば何台でも仮想サーバを構築することができます。仮想化基盤でできるようになることは、運用が非常に簡単に行えるようになることです。物理サーバの場合、バックアップやリカバリといった作業は非常に手間で、ハードウェアを構築後に再度ソフトウェアのインストール、設定を行う必要がありますが、仮想化基盤上に構築した仮想サーバであれば、イメージごとバックアップがとれるため、リカバリはバックアップしたイメージを戻すだけという簡単な作業で可能になります。また、仮想環境上に構築した仮想サーバはお互いに影響を与えることなく動作するため、物理サーバと同じように扱うことができます。性能面においても物理サーバと変わりなく使用でき、ソフトウェアを使用することで複数ある仮想サーバに瞬時にアクセスできるようになっています。メモリの増加やディスクの追加も容易に実施でき、リソースを増やすことも簡単にできるようになります。開発面においても、非常に扱いやすく本番環境と同じデータを開発環境上に復元することも容易にできます。ある断面のバックアップをテンプレートとして保存しておけば、それを新規の仮想サーバとして構築することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です