仮想化基盤導入の可能性

東日本大震災で企業のネットワークシステムに大きな障害が出たことや、WindowsXPのサポート切れ問題が表面したことがきっかけとなり、ニュータニックスに注目する企業が増えてきています。従来企業で使われているネットワークは、サーバーと複数のクライアントPCで運用されています。クライアントPCの台数分故障が起こるリスクは高くなり、また古くなれば全体を入れ替える必要が出てきます。クライアントPCの内1台でも盗難にあえば、会社の機密情報が漏えいする可能性もあります。システムの運用者にとっても、多数のPCを制御するのは非常に手間がかかります。これに対し仮想化基盤によるシステムは、クライアントPCを実際のサーバーから切り離した仮想PCとして運用します。このことによりスマートフォンやタブレットなどを使い、ネットワークに時間や場所を選ばずにつながることができます。働く時間や場所を選ばないということは、多様なライフワークスタイルや業務の効率化、さらには人手不足の解消にもつながります。システム運用者にとっては、アプリケーションやデータの管理を実際のサーバーだけでおこなえば良くなり情報漏えいやウイルス感染の防止に集中できて、クライアントPC入れ替え時の様々な作業はしなくて済みます。このように仮想化基盤システムはメリットが多いわけですが、導入には大きなコストがかかります。しかし従来のシステムと単に費用を比較するのではなく、導入することによって得られる大きな可能性を見込み、企業が注目し始めているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です